センター試験

センターリサーチ 判定基準はどうなのか

2019年のセンター試験が終わりました。
月曜の朝、高校生は学校へ、浪人生は予備校へ
センターリサーチのために自己採点入力を
おこなってきたところでしょう。

センター試験1二値目が終了したところで
問題全文と解答速報が流れてきます。

各予備校から 今年の問題の難易度に
ついてのニュースがみられます。

文系の方は1日目でセンター試験の受験で
終了という人もいますが、
2日目の受験がある人は自己採点は
2日目が終わってからする方がいいですね。

まだ明日のテストがありますから!
2日目の勉強をした方がいいです。

今日は、センターリサーチについてまとめてみました。

センターリサーチとは

これまで、学校の個人面談で昨年の「センターリサーチ」を見てきました。

まず、センターリサーチとは 

もともとは代ゼミのサービスなのですが、
現在は代ゼミはセンターリサーチはやっていません。

同様のサービスが

河合塾で センター・リサーチ バンザイシステム
ベネッセ、駿台 データネット
駿台 インターネット選太君

などがあり、つまり、

大手の予備校がセンター試験の自己採点結果を集計、分析し、

この後の国公立大学の試験や私大のセンター利用入試の

合格の可能性判定を提供しているものです。

子供が通う学校でも、
センター試験翌日に自己採点の為に登校し、
それを予備校に提出しているそうです。

センターリサーチ 判定の信憑性

センターリサーチによる合否判定の信憑性はどうなのでしょうか。

センターリサーチは
自己採点の情報を元にしたデータ ですね

またセンターだけでなく、
過去で言う所の「2次試験」の出来が
どの程度なのか、も合否に関わってきます。

センターリサーチでAが出たから大丈夫
というわけではありません。

Aが出ていても2次試験の出来が極端に悪い場合、
不合格の可能性もあるわけです。

また、大学によってセンター試験と本試験の比重が
違いますので、 C判定やD判定が出ていても
挽回の余地はあるということです。

あくまでも、

この点数までにどの位の人がいる、

というデータであり
例えば、
昨年の本試験の最低合格点が何点だったので、この位、
という目安です。

ですから、良い判定が出た人は、
これまで通り、本試験の成績が出せる様、精進すること、

判定があまりよくなかった場合は、
自分のセンター試験の合格点数と昨年の本試験の合格最低点などから、
この位の点数をなんとか取って合格へ! ということを考える

あるいは、出願校の変更を検討する、こともあるかもしれません。
大学によっては、センター試験の結果で足切りするところもあり、
第一希望の大学を受けられない場合もあります。

後者の場合は、
本試験の受験科目と、自分の得意科目、配点などの組み合わせが良く、
本試験の成績が良ければ合格する事もある、
ということですから、
センターリサーチのデータ分析をしてみて下さい。

単に、判定がCだった、Dだった、ということで終わらせてはいけないと思います。

本試験で何点くらいとれば良いのか、データ分析してみて下さいね。

センターリサーチ 河合

2019年のセンターリサーチについては、この後、情報が出てくると思いますが
まずは各予備校のサービスへのリンクです。

河合塾 センター・リサーチ バンザイシステム

2019.1.23(水) 15:00公開

国公立大学二次出願状況速報は 2018.1.30(水) 夜公開
国公立の出願状況について、最新の動向をチェック!

センターリサーチ ベネッセ 駿台 (データネット)

自己採点、判定チェッカーは データネットにて可
データネット
駿台 インターネット選太君

センターリサーチを提出する前に

自己採点は月曜日に学校に行く前でも自宅で出来ますね。

そこで、センターリサーチを提出する前に、
本試験の志願について自分で考えることも出来ますのでご紹介しておきます。

子供が通っている塾での採点会で行っているものです。

まずは自己採点 → 志望校の配点形式に直す → その点数を昨年の合格最低点から引く

ここで出た点数を本試験の配点(満点)で割る

この数値が小さいほど、合格の可能性が高い、というものです。

本試験の難易度は毎年変わるため、数年分同じ作業をします。

ここから、本試験で何点取れば合格できるかを考え、難しそうであれば、第二志望の学校でやってみる。

センターリサーチでは前期、後期、私立それぞれ第四志望まで記載しないといけないとのことなので、塾の採点会では3×4=12、12回この作業をするそうです。

上手く得点できていればいいのですが、思ったよりも得点できていない場合は、志望校を探すのに苦労する子もいるとか。

でも、ここまでやってセンターリサーチを提出すれば、返ってくる判定に驚くことは無いのではない、ほぼ予想通り、なのではないかと思われます。

センターリサーチの結果が返ってくるのを待たずに、翌日から受験校に向けての本試験対策をしっかりすることが出来ますね。

センター試験終わりました

2018/1/15

センター試験二日目終わり、夜、塾の採点会に参加しました。

本人も親もドキドキですが、自己採点後、どの位の点数を本試験で目指せばよいのかわかりました。

今日、高校の自己採点会、センターリサーチ提出のための書類づくりの日だったので登校。

ほとんどの子が出席、また、ほとんどの子が自宅で昨夜のうちに東進の模範解答をもとに自己採点を済ませていたそうです。

これから、来週には本試験の出願が始まり、あと1カ月ちょっとで本試験ですね。

センター試験は終わったので、ここからは、高校の対策授業と、スタディサプリの対策講座、過去問に取組むそうです。

スタディサプリ、センター試験前はかなり詰めて受講していましたが、本番が近づいてくると、何をやろうか?と迷うことなく、苦手科目からセンター対策講座をどんどんやればよかったので楽だった、効率的に勉強できたようです。

過去問や ↑の講座は月額料金内で利用できます。

【2019年】

2019年の冬期講習はすでに行われています

スタディサプリ 高校、大学受験講座

【2018年】

別料金ですが、「志望校対策講座」も設定されます。

もう最後なので、人気講師による 【早期割引10%OFF】難関国公立大対策講座 英語 を受講することにしました。といっても4講、合計6時間で4800円ほどでした。
K塾だと九大英語は90分×5講で17300円ですから、さすが、教育の価格破壊(?)スタディサプリですね

K塾で九大英語受ける料金で、スタディサプリなら3講座で受講できてしまいますね。
しかも、塾まで行かずに自宅で受講できますから、インフルエンザの心配もありません。

今回受講申し込みをした講座は録画ではなく、LIVE配信講座で、チャットを使って質問することも出来ます。

とても便利ですね。

スタディサプリ 公式サイト

スタディサプリ高校・大学受験講座

受験生に便利な宿手配は楽天トラベル早めの予約がおすすめです

★ 加湿器、モーニングコール、
会場までの送迎付き、など
受験に安心のプランもある楽天トラベル

宿泊だけでなく、
飛行機、高速バスなどの交通手段
同時に予約できる楽天トラベル

おすすめ記事

1

スタディサプリライブ(特別講習) 冬期 / 秋期講習は昨年より安い! 2019.10月22日更新 mama 今年はかなり安くなってる 秋期講習29800円 さらに! キャッシュバックキャンペーン中 昨 ...

no image 2

40日間の夏休み どうやって勉強しようか 検討中ですか? だったら、とりあえず! スタディサプリの夏期講習の 5000円 割引クーポンをゲットしておきましょう。 申込はまだですが、クーポン申し込み受け ...

センター英語勉強法 3

夏休みが終わり、センター試験まで残り4か月になりました。 大学受験生は、まずセンター試験、その後個別の2次試験ですから、「センター試験対策どうしよう?!」「センター試験対策、秋と冬の勉強方法は?」とセ ...

-センター試験

error: Content is protected !!

Copyright© 受験ブログ , 2020 All Rights Reserved.